人材確保等支援助成金とは?

雇用管理制度助成コース

人材開発支援助成金

 会社が、雇用管理制度(評価・処遇制度、研修制度、健康づくり制度、メンター制度、短時間正社員制度(保育事業主)のみ)の導入等による雇用管理改善を行い、離職率の低下に取り組んだ場合に助成。

 

【対象となる雇用管理制度】

 

@評価・処遇制度
A研修制度
B健康づくり制度
Cメンター制度
D短時間正社員制度(保育事業主のみ)

 

目標達成助成額:@〜Cを複数導入しても一律57万円(72万円)

 

※()は、生産性要件を満たした場合

 

生産性要件の詳細はこちらをクリック

 

人事評価改善等助成コース

人材開発支援助成金

この制度は、生産性向上のための能力評価を含む人事評価制度を整備し、定期昇給等のみによらない賃金制度を設けることを通じて、生産性の向上、賃金アップ及び離職率の低下を図る事業主に対して助成するもので、人材不足の解消を目的としています。
A 制度整備助成50万円
事業主が、生産性向上のための能力評価を含む人事評価制度と2%以上の賃金のアップを含む賃金制度(以下「人事評価制度等」と表記します。)の整備を行った場合に制度整備助成(50万円)を支給します。

 

B 目標達成助成80万円
Aに加え、3年経過後に人事評価制度等の適切な運用を経て、@生産性の向上、A労働者の賃金の2%以上のアップ、B離職の低下に関する目標のすべてを達成した場合、目標達成助成(80万円)を支給します。

 

 

 

〜助成金の対象事業主〜

 

A制度設備助成の対象事業主
・雇用保険の適用事業主であること
・認定された人事評価制度等整備計画に基づき、人事評価制度等を整備および実施したこと
※過去に助成金を受給してる場合、条件があります。

 

B目標達成助成の対象事業主
・本助成金「A制度整備助成」の支給を受けていること
・引き続き、整備した人事評価制度等を実施していること
・「生産性要件」を達成すること
・離職率の低下目標を達成すること
・賃金を2%以上増加させること
・社会保険の適用事業所であること(社会保険の要件を満たす場合)

 

 

 

 

 

グループ
関係企業・団体
トップへ戻る