人材開発支援助成金とは?

人材開発支援助成金

平成29年4月1日からキャリア形成促進助成金は人材開発支援助成金と名前が変更になりました。

 

人材開発支援助成金は、事業主または事業主団体等が継続して人材育成に取り組むために、いずれかの人材育成制度を新たに導入し、その制度に基づき被保険者に実施した場合に、一定額を助成する制度です。

 

特定/一般訓練コース

人材開発支援助成金

●従業員のキャリアを形成するために、職業訓練等を計画に沿って実施した会社に、訓練経費や訓練期間中の賃金等の一部を助成。
【特定訓練コース】
Off-JT分の支給額    
賃金助成…1人1時間あたり 760円(960円)
経費助成…1人あたり    45%(60%
OJT分の支給額
実施助成… 1人 1時間あたり665円(840円)

 

【一般訓練コース】
OJT分の支給額    
賃金助成…1人1時間あたり  380円(480円)
経費助成…1人あたり     30%(45%)
( )は生産性要件を満たした場合。
※大企業の場合は、原則として減額されます。

 

生産性要件の詳細はこちらをクリック

 

教育訓練休暇付与コース

人材開発支援助成金

全労働者(非正規を含む)に自発的に有給教育訓練休暇を取得させる制度(3年)を導入し、実施した場合に助成。
1事業所当たり30万円(36万円)
<適用人数>
100人以上5人
100人未満1人
( )は生産性要件を満たした場合。
※大企業の場合は、原則として減額されます。
※1事業所当たり1回のみ

 

特別育成訓練コース

人材開発支援助成金

 有期契約労働者等に次の訓練を実施した場合に助成。

 

一般職業訓練(Off-JT)(育児休業中訓練、中長期的キャリア形成訓練を含む)
有期実習型訓練(「ジョブ・カード」を活用したOff-JTとOJTを組み合わせた3〜6ヶ月の職業訓練)
Off-JT分の支給額    
賃金助成…1人1時間あたり 760円(960円)
経費助成…1人あたり Off-JTの訓練時間数に応じた額

 

【一般職業訓練・有期実習型訓練】
10万円〜30万円
【中長期的キャリア形成訓練】
15万円〜50万円
【有期実習型訓練後に正規雇用等に転換】
15万円〜50万円

 

OJT分の支給額
実施助成…1人1時間あたり60円(960円)

 

 ※( )は生産性要件を満たした場合。
 ※大企業の場合は、原則として減額されます。
 ※1年度1事業所当たりの支給限度額は1,000万円

グループ
関係企業・団体
トップへ戻る